目的別に複数枚をカーテンレールに取り付ける

目的別に複数枚をカーテンレールに取り付ける

部屋のインテリアとしても重要なアイテムのカーテンですが、様々な機能があり目的に沿ったものを取り付けることで、快適な暮らしをもたらすことが出来ます。
機能として、調光、遮蔽、断熱、防音といったものがあります。
調光は外からの光の量を調整すること、遮蔽は外から部屋の中を見えないようにすること、断熱は室温を保つこと、防音は音の漏洩、侵入を防ぐこと、になります。
カーテンの役割も昼と夜とでは違ってきます。昼は遮蔽をしつついかに調光するかが大切となり、夜はいかに遮蔽するかが大切になります。
そのため、それぞれ性質の違うものをカーテンレールに取り付ける必要があります。
カーテンレールの窓側には遮蔽効果の高い遮光性のあるもの、内側にはレースカーテンのような調光性が高くて遮蔽性を備えたものを取り付けます。
窓は入熱・放熱性が高いため複列のカーテンレールにすることで、空気の層を形成し断熱効果が高くなります。同時に防音効果も期待出来ます。

外と内を隔てるカーテン

新しい部屋に引っ越す時、あるいはちょっと部屋を模様替えしようと考える時、それはカーテンを選ぶ絶好の機会になります。カーテンは、窓に部屋の内側から取り付けて、いわば内と外とを隔てています。そしてその用途も、光を遮って適度に風通し良く、かつプライバシーを保つというものです。
リビング用品の売り場では、様々な窓に対応するサイズのものが並んでおり、様々な色や柄から選べるようになっています。大抵はやや厚めのものとレースのものを吊り下げます。厚めの方は、昼間には日光を適度に部屋の中に入れるために開けておきます。その際にレースも無ければ、外から丸見えになってしまい不用心です。
また夏でも冬でも同じものを使っていることも多いものですが、冬には更に厚めのものに取り換えれば、窓から冷気が入り込んで部屋の温度が下がるのを防ぐ効果があります。あるいは遮光用のものを特に選べば、部屋の中をかなり暗く保つことができ、外の明かりで安眠を妨害されることを防ぐことができます。もっとも風に揺れるのがどうしても気になる人は、ブラインドを使用する方が良いかもしれません。
しかしそうでなければ、どんな布地であっても基本的にはカーテンとして使用することができます。まず窓の大きさと吊り下げる長さに合った大きさの布を用意して、綻びないよう周囲を縫います。これを吊り下げるためのクリップは手芸店などで購入できるので、好きな柄や色で簡単に部屋を飾ることができるのです。

pickup

合宿免許
https://www.shinshu-ina.com/
ヴィンテージショップ
http://www.hedy.jp/
金買取 葛飾
http://aoto.otakaraya.net/kikinzoku.html

Last update:2016/7/28


ページのトップへ